読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と、ごはんと、それから私

1988年生まれ女子による旅&ごはんブログ。「いってきます」と「いただきます」を楽しみに生きています。

【世界一周】ポルトガル

世界一周

ポルトガルリスボンに寄港しました。
朝は空気が涼しく、太陽はほんのりあったかくて、とってもいい日でした。風も気持ちいい。

 

まずはベレンにあるジェロニモス修道院へ向かいました。
豪勢な造りの修道院。緻密な彫刻がいたる所にありました。なんでも建設に100年近くかかったとか。それくらいかかったのも納得できます。

f:id:ask46:20160523041255j:plain

ただ、無料で入れる教会の方は「ザ・観光名所」という感じで、あまりにも人が多くて疲れました。私は教会の厳かな雰囲気が好きなのに、残念だなあ。しかたないのかなあ。
中庭のある方は有料で、こっちはゆったりとしていて良かったですけど。

 

気を取り直して、エッグタルトを食べてきました。
日本で食べるのとは違って、こっちではパリパリサクサクのパイ生地でした。春巻きの皮に近いかも。ひとくちかじるとパリっとした食感とともに、とろっとしたちょうどいい甘さのカスタードが口の中に広がって、何個でも食べれそうなほどおいしかったです。しかもどこの店もだいたい1個1ユーロ。そりゃ隣の席の男性も1人で3個注文するよね。

f:id:ask46:20160523041214j:plain

 

昼ごはんはバカリャウっていう干しダラ料理を食べました。

お店のお兄さんおすすめのグラタンみたいなオーブン焼きを注文。大好きな味でした。おいしいものたくさんあって嬉しい限りです。

f:id:ask46:20160523041755j:plain

 

ポルトガルは基本的に街並みがとってもかわいいんですよ。
壁がパステルカラー(例えば薄いピンクや水色、たまご色)だったり、おしゃれなタイル貼りだったり。乙女心をくすぐるような風景が広がっていました。

f:id:ask46:20160523041811j:plain

 

次行く時は、カステラの原型のパンデローを食べたいし、おすすめされた水族館にも行きたいし、ファドっていう音楽を聴きながらワインを飲みたい。今回は帰船リミットが16時と早くてなかなか満喫しきれなかったので、またリベンジしたいです。