読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と、ごはんと、それから私

1988年生まれ女子による旅&ごはんブログ。「いってきます」と「いただきます」を楽しみに生きています。

【世界一周】旅の終わり

世界一周

無事に日本に帰国しました。
ただ楽しいだけの旅じゃない、学びのある旅でした。
乗船前は不安で、ネットにも賛否両論書かれてるから、本当に乗船して自分のためになるのかと悩んだ時期もありました。それでも、今は乗ってよかったと思っています。
実際に自分の目で見て、肌で感じることの価値。
すべての経験が財産になりました。

 

西へ西へと進路を取って行き、最終的にまた日本へ戻ってくる。「地球は丸い」って理科や社会の授業で教わるけど、こんなに実感を持って地球が丸いと感じられたのは初めてでした。

 

日本では、社会のはみだし者の私。でも、こんな私でも存在してていいんだと、誰かの役に立つことがあるんだと感じられた旅でした。正直、こんなにたくさんの人や船の雰囲気に馴染めるとは思っていませんでした。
出会った人、もの、全てに感謝です。

 

この旅では世界のこと、日本のこと、自分のこと、いろんなことに対して考えを巡らせるいい機会になりました。これからの人生、まだ具体的には何をしようかは決まっていませんが、もっと世界について勉強していきたいと感じました。
そして、私の尊敬する人が船内新聞に書いていた「私たちは自由に生きていいし、生きられる」という言葉。これを信じて、自由に生きてみたいと思います。

 

世界は広い。そして深い。
一旦この世界一周の旅は終わりますが、人生が続く限り、旅をして生きていきたいです。

 

f:id:ask46:20160803153404j:plain

【世界一周】ハワイ

世界一周

ハワイのホノルルに寄港しました。
この船旅で最後の寄港地です。

 

しかし、まさかの風邪をひきまして、せきと吐き気とだるさに襲われて、さらに熱が最高38.6度まで上がるという始末。毎寄港地おいしいものを食べ歩くことを楽しみにしている私ですら食欲不振で何もハワイらしいものを食べることができなかったというほど。風邪のおそろしさを改めて感じました。

 

日程は2日間あったんですが、1日目は風邪でダウン。2日目に熱がやっと37.0度まで下がったので(それでも微熱)、ツアーに参加してきました。ツアーに申し込んでなかったら丸々2日間どこにも出れない状況だっただろうな。

 

ツアーは「クアロア・ランチ」というオアフ島の北側にある、ジュラシックパークのロケ地になった牧場に行ってきました。そり立つ山がとってもユニークな形。屏風みたいになってました。

f:id:ask46:20160718230004j:plain

 

そして、現地の日本語ガイドのマサキさんがとっても面白い人で、アメリカンジョークバンバン飛ばしながらのツアー。牧場にいる牛を「焼肉たち」と呼んでかわいがっていました。いやー、アメリカンジョークキツイネー。

f:id:ask46:20160718225952j:plain

 

午後からは800年前につくられたという養魚池へ。養魚池は2メートルくらいの肉食の魚とでっかいアジとかカニがいるらしいです。
ちなみに、マサキさんがボートを運転してくれたんですが、彼、運転免許持ってないそうです。「みなさんダイジョブです!3年前から運転してますが、一度も事故したことありません!」って力強く言ってました。

f:id:ask46:20160718230035j:plain

 

夕方にかけてだんだん元気が回復してきた私。
アラモアナショッピングセンターを少しうろうろした後に、ビーチの方まで足をのばしてみました。ワイキキビーチまでは体力的に行けそうになかったので、アラモアナビーチパークという所で久しぶりの「波打ち際」を眺めることに。ワイキキビーチは人でいっぱいだったと聞いてたので、こっちは人もまばらで過ごしやすそうだなと思いました。

f:id:ask46:20160718230002j:plain

 

よく「ハワイ大好き!」って言う人がいますが、微熱のある頭で私なりに考えてみました。
ハワイは空が広いんですよね。開放的。
あと、時間に追われてせかせかしている人がいない。横断歩道を急ぎ足で歩いている人なんかいませんでした。みんなゆったりまったりしてるんですよね。
だからみんなハワイが好きなのかな、と思いました。

f:id:ask46:20160718225958j:plain

 

あとは無事に日本に帰るだけになりました。
大好きな家族に早く会いたいな。

【世界一周】グアテマラ

世界一周

グアテマラのプエルトケツァルに寄港しました。

 

マヤ文明最大の遺跡・ティカルを見に行ってきました。
ティカルはグアテマラの北部に位置していて、飛行機に乗って約1時間。久しぶりの飛行機移動にテンションが上がります。
空港からバスに乗り替えてまた1時間。道路や家の雰囲気はどこか東南アジアに似ていて、ベトナムカンボジアに行った時のことを思い出しました。暑い地域に住む人はどことなく似てくるのかしら。

 

バスはどんどんと森に向かって進んでいきます。
ティカル遺跡はジャングルの中にあると聞いていましたが、道端にはジャガー注意の看板が。ガイドさんは「ジャガーは夜行性だから大丈夫」って言ってましたが、そのあと毒蛇もいるんだよという話もし始めて、ちょっと不安になる私たち。

 

ティカルの公園内は一応道は通っていました。
森の中を突き進んで遺跡を見に行きます。ガイドさんがいなくちゃきっと迷子になるだろうな。

f:id:ask46:20160708034112j:plain

 

1号寺院と2号寺院が一番メインの遺跡で、ここに辿りつけた時にはちょっと感動しました。想像していたより大きい。修復されてこの状態になったとしても、ほんとに立派な建物だと思いました。昔の人はどうやってうくったんだろう。
ガイドさんによると、ここを建てた当時は周りに森はなくて、寺院は白、階段は赤色をしていたそうです。「過去に思いを馳せてみて」と前置きをして解説してくれました。ロマンあふれる世界遺産。来れてよかった。

f:id:ask46:20160708034114j:plain

 

一番高い寺院にも登りました。
てっぺんは木よりも高くて、そこに立つと眼下に広がる森の海を見渡せます。天気も良くて眺めは最高。

f:id:ask46:20160708034058j:plain

 

この日は泊まりだったんですが、ホテルのシャワーが“ちょっと強い雨”程度しか出なかったり、夜は治安の問題で外出禁止だったり。でも、それもすべてひっくるめていい思い出。結果的にすごい楽しい時間を過ごせました。
特に毎食出るトルティージャが私は気に入って、誰よりもたくさんおかわりしました。中に入ってる具がちょっと辛いんですが、生地のトウモロコシの味もしっかりしてて、ほんとにおいしかった。

f:id:ask46:20160708034119j:plain

 

次の日は雑貨を買いあさりました。安いのにクオリティが高くてめちゃくちゃかわいい。
たくさん悩んだ末に、ポーチを3つとピアスを3つ、ヘアバンド、ストール、カバンを買いました。きっともう一泊していたらそれぞれ数は倍に増えてただろうな。

f:id:ask46:20160708034143j:plain

 

今回は街にほとんど行けなかったので、またいろんなグアテマラを見に来たいです。
次こそはもっと地元のおいしいものを食べたいな。あとは、恥ずかしいことにスペイン語が「オラ(こんにちは)」「グラシアス(ありがとう)」「リコ(おいしい)」しかしゃべれないので、もうちょっと話せるようになりたいです。

 

中南米大好きになりました!
グアテマラグラシアス!

f:id:ask46:20160708034144j:plain